Scroll
フォローする

【OZO3】代休が取得できない場合の確認点

更新日
取得時に代休の有効期限が切れている可能性があります。
代休の有効期限の確認方法、変更の方法を記載します。
個人別に確認し、有効期限を変更する
  1. [勤怠管理] - [休暇管理] - [個人別休暇照会] を表示します。
  2. 休暇種別で「代休」を選択します。
  3. 所属・社員名で対象ユーザーを選択します。
  4. 取得状況で「未取得」を選択します。
  5. 清算区分で「未清算」を選択します。
  6. 詳細条件で「代休取得期限(有効期限)切れの休日出勤日のみ表示する」にチェックを入れます。
  7. 表示ボタンをクリックします。
  8. 有効期限が切れた代休休暇の情報が表示されます。
  9. 対象の有効期限を変更し、更新ボタンをクリックします。
所属別に確認する
  1. [勤怠管理] - [休暇管理] - [所属別休暇照会] を表示します。
  2. 休暇種別で「代休」を選択します。
  3. 所属で対象グループを選択します。
  4. 取得状況で「未取得」を選択します。
  5. 清算区分で「未清算」を選択します。
  6. 詳細条件で「代休取得期限(有効期限)切れの休日出勤日のみ表示する」にチェックを入れます。
  7. 表示ボタンをクリックします。
  8. 対象グループに所属するユーザーすべての代休休暇の情報が表示されます。
補足情報
代休の有効期限について
代休付与の設定に基づき、有効期限が設定されます。
[勤怠運用設定] - [休暇設定] - [代休設定] にて確認・変更が可能です。
▼ マニュアル記載箇所 ▼
「ManageOZO3 勤怠運用設定 操作マニュアル」
  6 休暇設定
   6.4 代休設定
「ManageOZO3 勤怠管理 操作マニュアル」
  8 休暇管理
注意点
途中で代休付与の設定を変更した場合
既に登録された代休対象日(休日出勤日)の有効期限は、設定変更前の有効期限のままとなります。
代休の有効期限は、設定変更後に登録された代休対象日(休日出勤日)から反映されます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk