Scroll
フォローする

ManageOZO 2.21.1 リリースノート

更新日

ManageOZO 2.21.1 リリースノート

平成28年5月19日 株式会社ITCS

本リリースノートには、このバージョンで行われた主な修正内容が記述されております。
    • (※)の機能につきましては、勤怠管理、経費管理、グループウェア機能、OZOベース機能以外のオプション製品です。別途購入が必要です。
    • ()内の番号は当社管理番号です。
    • 【画面変更有】の機能につきましては画面が追加/変更された機能、または画面上の動作が変わった機能です。

2.21.1の不具合修正点

勤怠管理

 特定のグループを選択して勤怠データ出力をするとエラー(21392)
 代休または代替休消滅時間の出力結果が不正(21387 , 21484)

プロジェクト管理

 OZOマスタ版で親プロジェクトを選択し、プロジェクト申請を行うとエラー(21422)

注意点
 2.21.0から2.21.1へバージョンアップされるお客様へ
2.21.0から2.21.1の更新時はOZOバージョンアップマニュアル「6.データベースの更新」の手順が不要です。
ManageOZO画面、左下に「ManageOZO 2.21.1」と表示されていれば、バージョンアップが正常終了しております。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk