Scroll
フォローする

勤務体系作成例 ~時間帯~

更新日
勤務体系作成例を記載します ~時間帯~
勤務体系作成例 ~就業時間9:00~18:00の一般的な勤務体系の場合~

<基本設定>

<残業項目パターン1>

⇒出勤:9:00 退出:23:00 の場合、出勤時間:8:00 普通残業:4:00 深夜残業:1:00と計上されます

<残業項目パターン2>

⇒出勤:9:00 退出:23:00 の場合、出勤時間:8:00 普通残業:5:00 深夜残業:1:00と計上されます

勤務体系作成例 ~就業時間10:00~16:00の短時間勤務の勤務体系の場合~


⇒出勤:9:00 退出:23:00 の場合、出勤時間:5:00 普通残業:4:00 深夜残業:1:00、所定内1:1:00、所定内2:2:00と計上されます

各項目について
  • 日替時刻…就業時間が日付をまたがってしまう場合に、前日の打刻として読み込むか、当日の打刻として読み込むかを判定する基準となる時刻です。
  • 前半終了時刻…後半休(午後休暇)を取得した場合に、早退を算出する基準となる時刻です。
    ※「後半休」を使用しない場合には、入力する必要はありません。
  • 後半開始時刻…前半休(午前休暇)を取得した場合に、遅刻を算出する基準となる時刻です。
    ※「前半休」を使用しない場合には、入力する必要はありません。
  • 全休労働時間…1日の標準労働時間を入力します。
    ※全休(1日休暇)を取得した場合の出勤時間数として利用します。
  • 前休労働時間…前半(午前)の標準労働時間を入力します。
    ※前半休(午前休暇)を取得した場合の出勤時間数として利用します。
  • 後休労働時間…後半(午後)の標準労働時間を入力します。
    ※後半休(午後休暇)を取得した場合の出勤時間数として利用します。
 
注意点
ご利用のバージョンによって表示や結果が異なる場合がございます。
設定後、想定通りの算出結果になるかを必ずご確認ください
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk