Scroll
フォローする

【OZO】【勤怠管理】休日出勤申請が未申請の場合は出勤実績を無効とするのチェックの動作が2.18.0と2.19.2で違う※2.19.2用Hotfix有り

更新日
発生対象の環境、バージョン情報、条件等
  • ManageOZO バージョン2.19.0、2.19.1、2.19.2を利用。
原因

  残業申請、休日出勤申請の判断ロジックに不備があったため。

管理番号
  • 管理番号:21217
今後の対応

 次回バージョンアップにて対応予定となっております。

回避策1

修正パッチを適用する
本記事に添付されているZIPファイルを解凍し、下記手順でファイルを適用して下さい。
※ManageOZOを停止する必要はございません。

  1. Webサーバーにログインします。
  2. 対象ファイルをバックアップします。
    • {ManageOZOインストールフォルダ}\include\knt\kinmuinput\block_qry.cfm
    • {ManageOZOインストールフォルダ}\include\knt\kinmuinput\detail_dsp.cfm
  3. 本記事添付のZipファイルを解凍します。
  4. 対象ファイルを上書きコピーします。
    • {ManageOZOインストールフォルダ}\include\knt\kinmuinput\block_qry.cfm
    • {ManageOZOインストールフォルダ}\include\knt\kinmuinput\detail_dsp.cfm
補足情報
 ManageOZOインストールフォルダについて
下記に記載しております。
「ManageOZO セットアップ内容通知書」
 2 ManageOZO設定情報
  2.1 基本情報
   インストールディレクトリ
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk