Scroll
フォローする

【OZO】MS15-034 の脆弱性(CVE-2015-1635)について

更新日
2015 年 4 月 15 日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが 11 件公表されています。これらの脆弱性を悪用された場合、リモートでコードが実行され、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりして、様々な被害が発生する可能性があります。
影響を受けるOS

・Windows 7
・Windows Server 2008 R2
・Windows 8 および Windows 8.1
・Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2

回避方法

脆弱性対策用のWindowsUpdateを実施し、修正プログラムを適用する

Microsoft 社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。
Windows Update の利用方法については以下のサイトを参照してください。
Windows Update 利用の手順(外部サイトのページが開きます)

 注意点

※サーバーでの作業となりますので、運用に支障が出ない時間帯での実施を推奨いたします。
※サーバー再起動を伴いますので、OZOのタスクスケジューラなどに影響が出る場合がございます。ご注意くださいませ。

 

参考情報

マイクロソフト社による情報

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-034 - 緊急(外部サイトのページが開きます)

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)による情報

OpenSSL の脆弱性対策について(CVE-2014-0160)(外部サイトのページが開きます)

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk