Scroll
フォローする

【OZO】勤怠申請を運用する際の手順について

更新日
休暇系申請とその他申請の運用手順を記載いたします。
休暇系(有給休暇、特別休暇、欠勤等)の申請について

 ■変更方法
  ◆決裁済みの場合
  ・上長権限、管理者による「取消」
   ※[休暇管理]-[個人別休暇照会]画面にて、「取消」を行います。
     その後、申請者本人に再申請します。

  ◆申請中の場合
  ・申請者本人による、申請書の削除
   ※ [勤怠申請]-[申請済み]より、該当の申請書を「中止」し、申請者本人が、再申請します。

  ・上長権限、管理者による申請書の削除
   ※ [勤怠申請]-[申請検索]画面にて、該当の申請書を「削除」し、申請者本人が再申請します。
     [勤怠申請]-[管理]-[申請書設定]にて、「決裁申請の保管期間」が設定できます。
     決裁日が保管期間内の場合は、「削除」チェックボックスが表示されないようになっております。

  ◆仮申請の場合
  ・申請者本人による、申請書の削除
   [勤怠申請]-[申請済み一覧]-[申請書詳細]より、削除し、再申請します。

■申請書のコピー
  ◆仮申請、申請中、決裁済みのいずれの申請書につきましても、「コピー」「代理コピー」申請が行えます。
   ※コピー申請にて、同じ日に対して申請を行う場合、同日に重複して申請を行うことができません。
    エラーメッセージ:○○年○○月○○日は既に休暇を1日申請済みのため、申請できません。
    コピー申請で、同日に申請を行う場合は、上長権限、管理者が
    [休暇管理]-[個人別休暇照会]画面にて、「取消」を行い、その後に、コピー申請します。

  ◆却下された場合
  ・申請者本人が、該当の申請書詳細画面から「再入力」をし、申請が行えます。

  ・上長権限、管理者が、該当の申請書詳細画面から「コピー」「代理コピー」申請が行えます。

その他申請(残業、遅刻・早退、直行直帰等)について

 ■変更方法
  ◆決裁済みの場合
  ・上長権限、管理者による申請書の削除
   ※[勤怠申請]-[申請検索]画面にて、該当の申請書を「削除」します。
     その後に、申請者本人に再申請します。
    [勤怠申請]-[管理]-[申請書設定]にて、「決裁申請の保管期間」が設定できます。
    決裁日が保管期間内の場合は、「削除」チェックボックスが表示されないようになっております。

  ・申請者本人による、再申請
   ※同日に対して、再申請を行います。
    決裁済みの申請書があった場合でも、後から決裁された内容が有効になります。

  ◆申請中の場合
  ・申請者本人による、申請書の削除
   ※[勤怠申請]-[申請済み]より、該当の申請書を「中止」し、申請者本人が、再申請します。

  ・上長権限、管理者による申請書の削除
   ※[勤怠申請]-[申請検索]画面にて、該当の申請書を「削除」し、申請者本人が、再申請します。
    [勤怠申請]-[管理]-[申請書設定]にて、「決裁申請の保管期間」が設定できます。
    決裁日が保管期間内の場合は、「削除」チェックボックスが表示されないようになっております。

  ◆仮申請の場合
  ・申請者本人による、申請書の削除
   ※[勤怠申請]-[申請済み一覧]-[申請書詳細]より、削除し、申請者本人が、再申請します。

 ■申請書のコピー
  ◆仮申請、申請中、決裁済みの場合
  ・いずれの申請書につきましても、「コピー」申請が行えます。
   ※申請中の場合、同日へのコピー申請は行うことができません。
    〈エラーメッセージ:既に申請中の「○○○申請」があります〉

  ◆却下された場合
   ・申請者本人が、申請書から「再入力」をし、申請が行えます。
   ※上長権限、管理者が、該当の申請書詳細画面から「コピー」「代理コピー」申請が行えます。

上長権限者による申請書の削除について
 2.19.0以降のバージョンをご利用の場合
  上記操作には、管理者画面にて勤怠管理アプリケーションの「上長権限」の付与および、
   [勤怠管理]-[管理]-[権限設定]にて「休暇管理」の「上長登録」にチェックが必要です。
 2.18.0以前のバージョンをご利用の場合
  上記操作には管理者画面にて勤怠管理アプリケーションの「上長登録権限」が必要です。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk