Scroll
フォローする

【OZO】半休の取得で遅刻早退がついてしまう場合

更新日
勤務体系の"種別:時間数"かつ、"遅刻/早退算出:する"設定になっている場合、
半休を利用し、実際の出勤/退出時間を入力する事で遅刻早退が算出される事があります。

対応方法(例:定時が9:00~18:00の場合)

 ①前/後半休の有休時間も出勤時間に含める(出勤/退出時間を訂正する)

    午前休の場合(本来の出勤時間14:00):出勤時間⇒9:00
    午後休の場合(本来の退出時間13:00):退出時間⇒18:00
    ※前提条件
    [勤怠運用設定]-[事由設定]-[事由登録]で、
    午前有休の「出勤時間計算」を"計算しない"にする必要がございます。

 ②前半休用の勤務体系を作成し、日報登録時に実績の勤務体系を選択し直す

    ▼半休用勤務体系例1
     (遅刻算出不要&[勤怠運用設定]-[事由設定]-[事由登録]で、
     半休の「出勤時間計算」が"計算する"になっている場合)

     ・種別:時間数
     ・出勤区分:通常
     ・就業時間:00:00~08:00
     ・普通残業(時間数):08:00~24:00
     ・深夜残業(時間帯):22:00~29:00
     ・遅刻/早退算出:しない
     ・前休労働時間:04:00
     ・後休労働時間:04:00

    ▼半休用勤務体系例2
     (遅刻早退算出をする&[勤怠運用設定]-[事由設定]-[事由登録]で、
     半休の「出勤時間計算」が"計算する"になっている場合)

     ・種別:時間数
     ・出勤区分:通常
     ・就業時間:00:00~08:00
     ・普通残業(時間数):08:00~24:00
     ・深夜残業(時間帯):22:00~29:00
     ・遅刻算出:する(遅刻開始時刻:14:00)
     ・早退算出:する
     ・前休労働時間:04:00
     ・後休労働時間:04:00

    ▼半休用勤務体系例3
     (遅刻早退算出をする&[勤怠運用設定]-[事由設定]-[事由登録]で、
     半休の「出勤時間計算」が"計算しない"になっている場合)

     ・種別:時間数
     ・出勤区分:通常
     ・就業時間:00:00~04:00
     ・普通残業(時間数):04:00~24:00
     ・深夜残業(時間帯):22:00~29:00
     ・遅刻算出:する(遅刻開始時刻:14:00)
     ・早退算出:する
     ・前休労働時間:04:00
     ・後休労働時間:04:00

    ※上記勤務体系は一般的な例となります。
     必要に応じて修正して下さい。
 

補足情報
 マニュアル記載箇所
「OZO 勤怠運用設定 操作マニュアル」
   4 勤務体系設定
     4.2 勤務体系登録
     4.2.2 画面構成及び項目説明
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk