Scroll
フォローする

【OZO】社内教育の流れについて教えてください

更新日
社内教育は以下の流れで進めていきます。

 ●スケジュールの見直し
    ↓
 ●社内教育プランの策定
    ↓
 ●社内教育
 

スケジュールの見直し

 「導入スケジュールの策定」にて策定したスケジュール通りに進んでいるかどうかの確認を行います。
 前工程が予定よりも遅れた場合は、その遅れをスケジュールに反映して修正し、見直しを行います。
 

社内教育プランの策定

 策定した運用ルールをどうやって一般利用者に周知させるのかを検討します。
 対象となる利用者の数や拠点の数利用者のパソコン習熟度、社内教育に割ける時間、
 ご担当者の負荷状況などから総合的に判断して、教育プランを決めていきます。

■社内教育プランの一例
 

お勧め社内教育プランご担当者の負荷想定する社員の
パソコン習熟度
  ご担当者による説明会は行わず、運用マニュアルの配布にて対応する。
利用者は運用マニュアルを読んで、運用ルールを理解する。
中~高

各拠点からの選抜した代表者を本社に集めて運用マニュアルをベースにした説明会を行う。
各代表者は自拠点に戻った後、自分が管轄するメンバーに対して運用ルールの説明を行う。

低~高
  ご担当者が各拠点をまわり、運用マニュアルをベースにした社員説明会を行う。

 

注意点
全社員を集めての説明会は、準備工数が非常にかかるにも関わらず、参加社員一人一人の当事者意識が希薄になり習得効果が低くなるためお勧めできません。

社内教育

  「社内教育プランの策定」にて策定した教育プランにそって、社内教育を進めていきます。
 利用者の理解度や進捗状況に合わせて、常にプランの見直しをかけていきます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk