Scroll
フォローする

【OZO】勤務体系種別が時間数の場合の時刻入力

更新日
勤務体系の種別が時間数の場合の時刻入力について記載します。
勤務体系種別が時間数の場合

時間数の場合、出勤退出時刻が定義されない勤務体系となります。
就業時間の算出範囲を指定するため、日報や申請時の時刻には、実際の出勤退出時刻の入力が必要です。

時間数の勤務体系例

下記のような勤務体系設定がされている場合には、 開始・終了時刻には、出勤退出時刻の入力が必要です。

●種別: 時間数
●就業時間: 00:00 ~ 08:00
●普通残業: <時間数> 08:00 ~ 24:00
●深夜残業: <時間帯> 22:00 ~ 29:00
※主な項目のみ記載

【22時から24時まで残業した場合の残業申請入力例】
○開始・終了時刻:09時~24時 ⇒ 普通残業と深夜残業が正しく算出されます。
×開始・終了時刻:22時~24時 ⇒ 普通残業が算出されません。

補足情報
 ▼ マニュアル記載箇所 ▼
「OZO 勤怠運用設定 操作マニュアル」
   4 勤務体系設定
     4.2 勤務体系登録
     4.2.2 画面構成及び項目説明
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk