Scroll
フォローする

【OZO】入社時の処理内容(社員の場合)

更新日
会社に社員が入社した際に必要な設定内容について、製品毎に記載します。
製品共通
操作手順操作内容対象マニュアル名/記載章
1 社員情報を登録します。 OZO 管理マニュアル
・ユーザーを登録する
2 メイングループを設定します。 OZO 管理マニュアル
・ユーザーのメイングループを設定する
3 承認ルートを設定します。
※利用中のワークフロー全てにおいて、承認ルートの設定が必要です。
OZO ワークフロー 管理マニュアル
・承認ルートの設定
OZO勤怠
操作手順操作内容対象マニュアル名/記載章
1 勤務体系入力許可設定を設定します。
※日報登録/申請で社員に選択できる勤務体系を制御している場合に設定が必要です。
OZO 勤怠運用設定 操作マニュアル
・勤務体系入力許可設定
2 有休や特休の付与日数登録が以下の条件に該当する場合に設定します。

◆設定条件◆
・有休の初回付与が6か月後付与ではない場合(例:入社月付与)
・特別休暇(例:夏季休暇)の付与を行う場合
OZO 勤怠運用設定 操作マニュアル
・付与日数登録
3 ユーザー別設定を設定します。
会社共通の設定と異なる場合や有休の自動付与(付与日数、繰越日数)のために、入社年月日や有休付与区分の設定を行います。

◆会社共通の項目◆
会社共通の設定と異なる場合のみ設定を行います。
会社共通の設定内容は[基本設定]よりご確認ください。
 ▼対象項目
   ●勤怠締日
   ●打刻方法
   ●超過残業基準時間
   ●みなし残業基準時間
   ●所定勤務登録

◆区分を設定する項目◆
対象の設定区分がOZOに登録されていない場合は、新たにマスタ設定を行った上で社員に設定を行います。
各区分のマスタ設定方法については、マニュアルをご確認ください。
  ▼対象項目
   ●フレックス区分
   ●残業項目名区分
   ●雇用区分
   ●有休付与区分

◆会社共通や設定区分以外の項目◆
有休の自動付与・繰越や、アマノタイムレコーダーを利用する場合は、設定が必要です。
  ▼対象項目
   ●入社年月日
      有休の自動付与・繰越を行う際は設定を行います。
   ●TR社員番号
      アマノタイムレコーダーを利用する際は設定を行います。
OZO 勤怠運用設定 操作マニュアル
・ユーザー別設定

●フレックス区分
  OZO 勤怠運用設定 操作マニュアル
  ・フレックス所定労働時間設定

●残業項目区分
  OZO 勤怠運用設定 操作マニュアル
  ・残業項目名設定

●雇用区分
  OZO 勤怠運用設定 操作マニュアル
  ・雇用区分設定

●有休付与区分
  OZO 勤怠運用設定 操作マニュアル
  ・有休付与設定
4 勤務予定登録を設定します。
会社共通の勤務予定と異なる場合に設定を行います。
OZO 勤怠管理 操作マニュアル
・勤務予定管理 機能説明
5 アラート通知設定を設定します。
アラート通知の通知先追加、通知先除外、監視対象外が必要な場合に設定を行います。
OZO 勤怠運用設定 操作マニュアル
・アラート通知設定
OZO経費​
操作手順操作内容対象マニュアル名/記載章
1

出張設定を設定します。
会社共通の出張手当パターンと異なる場合に設定を行います。

OZO 経費運用設定 操作マニュアル
・出張設定
2 社員別利用部門[負担部門]設定を設定します。
社員が申請する際の負担部門の初期値や選択可能な負担部門の設定を行います。
OZO 経費運用設定 操作マニュアル
・社員別利用部門[負担部門]設定
3 社員別銀行口座設定を設定します。
社員への支払が振込の場合に設定を行います。
OZO 経費運用設定 操作マニュアル
・支払部門別銀行口座設定
OZO人事​

​設定作業はありません。

補足情報
 所属長(承認者)が入社した場合について
入社時の処理内容(所属長(承認者)の場合)をご確認ください。
 業務担当者が入社した場合について
入社時の処理内容(業務担当者の場合)をご確認ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk