Scroll
フォローする

【OZO】【経費運用設定】グループ名に特殊文字がある場合の勘定科目設定におけるCSV取込

更新日

使途別勘定科目・部門別勘定科目・業者使途別勘定科目のCSVダウンロードを行い、
CSV取り込み時の部門名チェック処理において、不正な部門として取り扱われてしまう場合があります。

発生対象の環境、バージョン情報、条件等
  • ManageOZO バージョン2.15.3をご利用中で、経費管理を利用している
  • グループ識別子が設定されていない
  • 使途別勘定科目設定の部門制限に指定されたグループ名に特殊文字列が含まれている
  • 部門別勘定科目設定のグループ名に特殊文字列が含まれている
  • 業者使途別勘定科目設定の部門制限に指定されたグループ名に特殊文字列が含まれている

対象の特殊文字

特殊文字読みプログラム上の文字
& アンパサンド &
< 小なり &lt;
> 大なり &gt;
  空白(半角スペース) &nbsp;
原因

発生条件を満たす状況において、
使途別勘定科目・部門別勘定科目・業者使途別勘定科目のCSVダウンロードを行うと、
特殊文字列がプログラム上の文字列として出力されてしまい、
CSV取り込み時の部門名チェック処理において不正として扱われてしまう。

管理番号
  • 管理番号:18593
今後の対応

次回バージョンアップにて対応予定となっております。
※2014年6月30日にManageOZO 2.16.0をリリース致しました。

回避策1

グループ識別子を設定する。

  1. ManageOZOに管理者としてログインします。
  2. [グループ管理]の編集・削除を表示します。
  3. 対象の文字列を含むグループの編集・削除をクリックします。
  4. グループ名識別子に任意の数字を入力、更新します。
    ※特殊文字列を含む対象グループが多数ある場合は、
     [運用管理] - [CSV操作]でグループ情報をダウンロードし、
     識別子を連番で指定、保存後、グループ項目をインポート頂く事をお勧めいたします。
回避策2

ダウンロードしたCSVファイルを編集する。

  1. 対象機能で、ダウンロードしたCSVをテキストファイル等で表示します。
  2. プログラム上の文字に変換されてしまった特殊文字列を正式な特殊文字に一斉置換し、保存します。
  3. CSV取り込みを行います。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk