Scroll
フォローする

【OZO】税率に「自動」を設定した場合の勘定奉行受入に関して

更新日

ManageOZO 2.15.3 より税率に自動を設定する事が可能となりました。

税率に「自動」を設定しておくと、連携する勘定奉行側で税区分に設定されている税率の中から、
伝票日付を基準として過去直近の税率が自動で設定されます。
  • [経費管理] - [仕訳管理] - [仕訳一覧]の「汎用データ出力」にて出力されたCSVファイルを奉行受入
  • [経費管理] - [仕訳管理] - [仕訳一覧]の「仕訳データ転送」による奉行伝票登録
対象機能
  • [経費運用設定] - [勘定科目設定] - [使途別勘定科目設定]
  • [経費運用設定] - [勘定科目設定] - [部門別勘定科目設定]
  • [経費運用設定] - [勘定科目設定] - [業者使途別勘定科目設定]  ※業者支払オプションの機能
  • [経費運用設定] - [出張設定]
  • [経費管理] - [仕訳管理] - [仕訳一覧] の結果から表示される仕訳編集画面
  • [経費管理] - [仕訳管理] - [仕訳伝票登録]
補足情報
 税率を一括で設定する場合
詳細は、下記ナレッジをご確認ください。
税率設定を一括で変更するには?
 汎用データ出力のレイアウトについて
詳細は、下記マニュアルをご確認ください。
▼ マニュアル記載箇所 ▼
 「OZO 経費管理 操作マニュアル」
  6 仕訳管理 機能説明
   6.1 仕訳一覧
注意点
 奉行i/奉行Vシリーズをご利用の場合
奉行連携版をご利用の場合の稼働条件として、勘定奉行i/勘定奉行Vのver2.0.7以上がインストールされている事
前提となります。
 勘定奉行21シリーズをご利用の場合
税率「自動」表示および、仕訳管理の汎用データ出力の税率出力は対応されておりません。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk