Scroll
フォローする

【OZO】サーバー停止時の注意点について

更新日
サーバーを停止する際の注意点を記載します。 なお、本記事では、WEBサーバーとDBサーバーが別々の構成の場合で記載しています。
  • WEBサーバー = ManageOZOのプログラムの入っているサーバー
  • DBサーバー = ManageOZOのデータが入っているサーバー

WEBサーバー(プログラム)がDBサーバー(データ)を参照しているため、下記の順番で停止・起動作業を行う必要があります。

停止順
  1. WEBサーバーを停止します。
  2. DBサーバーを停止します。
起動順
  1. DBサーバーを起動します。
  2. WEBサーバーを起動します。
補足情報
 サーバーの電源の停止方法
[スタート] から [シャットダウン] をクリックします。
 サーバーの起動方法
サーバーの電源ボタンを押します。
パスワード入力画面が表示されますので、パスワードを入力します。
注意点
 サーバー起動後、ManageOZOが起動しない場合
下記手順にて内容のご確認ください。
  1. スタートボタンを押下します。
  2. [管理ツール]メニューから[サービス]を起動する。
  3. 一覧表から「ColdFusion 9 Application Server」を選択します。
    ※ご利用の環境により、ColdFusionのバージョンは異なります。
    ※ここでは、ColdFusion9での手順となります。
  4. 状態:「開始」になっているか ⇒「開始」になっていない場合は、左上の「サービス開始」リンクを押下します。
  5. 同様に、「ColdFusion」で始まるサービスについて、状態が「開始」になっているかを確認します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk