Scroll
フォローする

【OZO】シフト勤務者の勤務体系登録について

更新日
運用方法例を記載します。
1.各就業時間帯の勤務体系を用意する

各就業時間帯別に、勤務体系を管理することが可能な場合です。
また、遅刻・早退算出を時間帯で管理したい場合に望ましい方法です。

  • 9時~17時勤務用の勤務体系
  • 10時~18時勤務用の勤務体系

上記のように各種類を用意し、勤務予定を組んでいただく必要がございます。

2.時間数で管理する場合

遅刻・早退を時間帯で管理しない場合に有効な方法です。
就業時間には、時間数を登録します。
8時間勤務の場合は、「00:00~08:00」と登録します。
8時間以上の勤務を残業として集計したい場合は、 普通残業を時間数にしていただき、「08:00~任意の時間」で登録します。
勤務体系を複数用意する必要性が少なくできる可能性があります。

補足情報
 時間数の場合の入力方法に関して
勤務体系種別が時間数の場合の時刻入力
 詳細な運用に関して
より詳しい設定や運用方法をご相談の場合は、 シフト勤務者の具体的な就業条件などをご連絡ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk