Scroll
フォローする

【OZO】管理者権限の無いユーザーに申請書を検索させるには?

更新日
各申請書毎に検索可能グループを設定する事で、管理権限が無いユーザーにおいても申請書検索が可能となります。
グループは複数設定する事ができます。
操作手順
  1. [システム管理] - [グループ管理] - [新規作成] にて検索用グループを新規作成します。
  2. [システム管理] - [グループ管理] - [編集・削除] から、作成した検索用グループのユーザー追加にて検索させたいユーザーを所属させます。
  3. [システム管理] - [アクセス権管理] - [ グループ/ユーザー] から、作成した検索用グループに「ワークフロー」の登録権限を付与します。
  4. ログオフ後、管理者権限のあるユーザーでManageOZOにログインします。
  5. [ワークフロー] - [管理] - [申請書設定] にて検索させたい申請書を選択します。
  6. [編集]ボタンをクリックし、編集画面を表示します。
  7. 「検索可能グループ」にて作成した検索用グループを設定し、[更新]ボタンをクリックします。
補足情報
 検索可能グループの設定について
申請書毎に設定が必要となります。
 ▼ マニュアル記載箇所 ▼
「OZO ワークフロー 管理マニュアル」
 6.3 申請書の設定項目
  検索可能グループの設定方法
注意点
 申請書の検索について
グループに所属する全てのユーザーが、検索可能となります。
本操作手順では、新規に検索用グループを作成し設定する手順を記載しております。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk