Scroll
フォローする

【OZO】有休の入社後6ヶ月付与と勤続年数による付与を法定通りに運用するには?

更新日

入社後6ヶ月付与と勤続年数による付与を併用し、法定通りに運用する際の設定に関して記載します。

入社日基準ですので入社日毎の付与パターンとなりますが、
有休付与パターンを12ヶ月分(12パターン)作成し運用することでメンテナンスが容易となります。

有休付与を入社日ではなく入社月とし、付与日は1日に寄せ「1月1日、2月1日、3月1日・・・12月1日」というように12パターン作成します。

操作手順
  1. [勤怠運用設定] - [休暇設定] - [有休付与設定] を表示します。
  2. 有休付与パターンを12ヶ月分(12パターン)作成していきます。
  3. 新規追加ボタンをクリックします。
  4. 名称に「1月分付与」というように何月入社かが分かるような名称を入力し、その他の項目を設定します。
  5. 勤続年数による付与パターンを下記のような設定とします。

       1年:6ヶ月後付与分の10日、
       2年:1年目付与分の11日
       3年:2年目付与分の12日
        ・
        ・
        ・
       7年:7年目以降付与分の20日

  6. [勤怠運用設定] - [ユーザー別設定] - [ユーザー別設定照会] から CSVをダウンロードします。
  7. ダウンロードしたCSV内容を、ユーザー毎に有休付与パターンを指定し、編集します。
  8. [勤怠運用設定] - [ユーザー別設定] - [ユーザー別設定登録] から CSVをアップロードします。
入社月が4月の場合の設定、付与例

  4月1日入社の社員は会社指定日が10月1日付与のパターンを設定します。
  入社6ヶ月後の10月1日に1年目(6ヶ月後付与分)で設定した10日が付与されます。
  翌年の10月1日に2年目(1年目分付与分)で設定した11日が付与されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk